各種防水

  • TOP>>
  • 各種防水

各種防水

㈱プライドでは総合防水工事として対応しております。

屋上やバルコニー、地下、外壁下地補修、シーリング工事など防水工事を総合的に、各材料・工法で施工してまいりました。防水工事においては塗膜防水(FRP・ウレタン)を中心にアスファルト系(熱、トーチ、常温、)シート系(塩ビ、ゴム)をはじめ、また地下においては狭小土地から地下需要も増え地下躯体型枠への先付け防水としてベントナイトを採用し住宅事情へ対応できるようにしています。また近年の環境対応などにも適した工法などを含め多種多様に進化し変化する防水工事にも常に挑戦し実績を積み重ねています。

box

FRP塗膜防水

塗膜防水の一つですが硝子マットとポリエステル樹脂を含浸し積層することにより強靭な防水層を形成します。
下地に密着性が良く木造住宅での防水では主流です。
端末の処理や躯体の動きの追従性を考慮した施工が必要です。
また施工時臭気が出ます。
低臭気タイプやノンスチレンタイプも最近は発表されていますが価格はまだ高額です。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

ウレタン塗膜防水

既存下地とシートで絶縁したり既存の押さえの含水を外に出す通気緩衝、また共同住宅廊下などで威力を出す超速硬化ウレタンや、水性、一液型などウレタンには多様の材料と工法があり、主に改修工事で用いられています。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

塩ビシート防水

塩化ビニル防水シートを下地に貼り付ける接着工法と、ディスク板で固定する機械固定工法があります。
遮熱、断熱も用意できますが、非歩行などの仕様もあります。
お問い合わせ下さい。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

シーリング

サイディング板間の目地やサッシ廻り、その他隙間梅やクラックの補修などに使用されます。主に変形シリコン・ウレタン・ポリサルファイド・シリコン材料を使いますが、材料の選定、塗装の有無また長期性能維持の為、シーリングの肉厚を設ける為の工夫などがが必要です。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

外壁(木造)補修

クラックの補修やモルタルの浮き、剥離などの補修です。
木造建ての大半はサイディングもモルタルも外壁の下に防水紙での施工が施されており、クラックがすぐに直接的に雨漏りに直結しない場合も多いです。
リフォーム業者など「クラックが入っているから雨漏りします。」の言葉は要注意です。逆に鉄筋造などはクラック処理を速やかに補修される事をお勧めします。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

改質アスファルト防水

アスファルトに合成ゴムなどを混ぜて柔軟性を高めた材料をシート状にしたものをトーチバーナーであぶり溶かしながら下地に張り付けていくトーチ工法や、自着タイプ常温工法(冷工法)とがあります。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

アスファルト防水

一番古典的な防水材ですが、長期防水耐用年数が期待されている防水材とされています。
アスファルトを合成繊維に含ませたルーフィングというシートを重ねて防水層を形成します。
但し施工時、臭いや煙が発生するので近隣の環境配慮や消防署に申請などが必要です。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

ゴムシート防水

ゴムシート防水はゴムシートを下地に接着させ防水させます。
断熱、機械固定、押さえなどの工法がなどの工法が有ります。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

その他塗膜防水

セメント系防水材やゴムアス防水材など下地状況や環境に応じて使用します。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

ナトリウム型ベントナイト地下防水

地下部にボルテックスを施工します。
余堀りのスペースが取れないケースなどにも山留壁に選考して防水を施せます。
また通常に地下躯体にも施工できます。

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

その他

■ シーリング工事
現在も鉄骨や鉄筋などの建具廻りはシーリングで施工されているケースが大半です。
目的や各隙間へのシーリングは接着体の材質による材料選択やプライマー処理、接着方法など知識が無いと長期性能維持が出来ません。
もちろんブリードや目的の動き(ムーヴメント)モジュラスの選択なども大切です。
また近年、戸建住宅は外壁通気などの建物をよく見かけますが、せっかくの外壁通気部をシーリングで埋めてしまっているるケースも見受けます。
シーリング工事は適材適所の材料選択と経験が必要な工事です。

▼ 作業風景・症状例 ▼

※画像をクリックで拡大表示



■ シングル屋根・長尺シート

▼ 作業風景・症状例 ▼

※画像をクリックで拡大表示



■ 外壁下地補修
コンクリート下地、塗装、タイル下地、ALC下地など目視また、目視・打検による調査を行い、ひび割れ部、浮き部、欠損部その他劣化箇所を図面に落とし、調査報告書と共にお客様に提出し、ひび割れや外壁浮き補修、欠損や爆裂補修、タイル補修など、それぞれの状況や状態に適した補修方法にて外壁を補修する工事です。

▼ 作業風景・症状例 ▼

※画像をクリックで拡大表示


↑ページトップへ

断熱と遮熱

熱の伝わり方には伝導・対流・放射(輻射)の三種類があります。

熱伝導とは
物質により異なりますが物質同士の間で物質の移動を伴わずに高温側から低音側へ熱が伝わる(移動する)ことを言います。
熱伝導率は物質によって異なります。断熱は主に熱伝導を妨げることが目的です。
主に防水工事において断熱防水と称される工事には防水下地に断熱材を使用するケースが多いです。
対流は
気体や液体が移動することで熱が伝わることです。
気流液体を利用する工事は防水工事の工法では現在お見受けできません。
放射(輻射)とは
物質物体が赤外線の形でエネルギーを放出することです。
遮熱は赤外線を反射して熱を防ぐことが目的です。
簡単に断熱とは熱伝導を抑えることです。吸収した熱が伝導するのを防ぎます。
遮熱とは赤外線を反射して熱を防ぐことです。
輻射熱を吸収しないように反射させることです。

防水工事においては遮熱においては上塗りだけで対応できる場合もあり、断熱は上塗りのような簡単な工事では対応できません。
簡単に対応できない分、断熱の効果は大きいとは思いますが、遮熱工事においても私どもディラーなどから遮熱データなどをいただきますが、実際この材料を施工して部屋が以前より○度下がったなどは記載していないのが通常です。
それでも遮熱トップで施工したお客様から、お部屋が涼しくなったとの声はよく聞きます。
断熱・遮熱工事費用も大きく変わり、効果も違いがでます。
もちろん、断熱遮熱の複合での防水工事は可能です。

  • 個人様向け防水工事
  • 法人様向け防水工事

ページの先頭に戻る